チューン・・・

d0113350_258116.jpg



ふと思い立って、

私の鯰ルアーの改造を載せてみる。

改造って程でも無いのだけれど、

d0113350_2593768.jpg



私の場合、

鯰だけでなく、

殆どのプラグはシングルフックに替えている、

魚の為なんて綺麗事では無く、

フックの貫通後のバレが、

フトコロの浅いトレブルよりも少ない気がするし、

魚から外しやすいから、

手間なく次の釣りに移れると言う物。

そして何より、

幸い経験こそ無いけれど、

万が一の事故の時、

シングルの方が素直に抜けそうな気がする…。

さて本題のチューン、

シングルフックに換装する以外は、

ほぼ何もしない。

d0113350_342673.jpg


画像の様なスプリットリングを金具にかませ、

d0113350_353169.jpg


画像のシングルフックのどちらかを着けている、

それだけ、特別な事は何もしない。

ジッターの使い分けも重さではなく、

魚の様子で決めている、

ジョイントの5/8ozなら出が悪い時に、

普通の5/8ozは一番最初に投げるパイロットルアー。

しかし偉そうに書いても要は気分。

その時の気持ちに従うのが一番かな?

ルアーを見ていただければ解ると思うけれど、

私の中でルアーは消耗品で、

コンクリート護岸に擦りながら、

岸際ギリギリキャストもするし、

臆せずブッシュにも投げ入れる、

幸いシングルフック効果も相まってか、

鯰釣りに帰って来てからはロストはない。

私にとって傷の無いルアーの方が恥ずかしいのだ。

此処まで酒に酔って書いて来たけれども、

誰かの参考になる事を願い筆を置くとします。

自分のスタイルを作り出す、

そんな事も釣りの魅力ですね、

ご覧の方の次の釣りが、

どうか心に残るものである様に…、

おやすみなさい。
by benisuiren | 2015-07-07 03:15 | 釣り
<< 熱帯夜・・・ 夜鳴虫・・・ >>