大寒波の前に・・・

バタバタと忙しい毎日を抜けて、

やっと迎えた週末、

金曜日の夜、

色んな事が重なり、

疲れ果ててはいても、

潮の香りは忘れられないで居た。

食事をすませた後の風呂で、

うっかり失神して居たらしく、

外に出れたのは、

日付の変わる頃だった。


忙しい中で買いに行けなかった、

新しいワームを買い求める為、

釣具屋へ寄る事にした。

目的の商品を買い求めた後は、

少しだけ店内を徘徊し、

釣り場へ向かう。

途中で、

目的とは違うポイントを訪れてもみたけれど、

何となく雰囲気が違う気がして、

すぐに移動し本来の目的のポイントへ。

タックルを準備し、

3.5gのKリグを結び底を取りゆっくりと巻く、

底を感じながら巻き取り、

数歩歩いてはキャストをする。

天気予報は大寒波を警告し、

私は大寒波を恐れながら釣りをする、

寒さに手がかじかみ、

痛み始め、感覚が鈍くなってきた頃、

ポイントの最先端部に辿り着いた。

沖に向けてキャストし、

少しだけ強い風の中で、

ラインスラックを取り、

着底を感じ取る。

一連の儀式を終えて、

底の凹凸を感じながら、

闇の中で見えない竿先の方向を見る、

何度リールのハンドルを回しただろうか、

魚からの反応があった。

手元にアタリが伝わり、

食い込んだ事が分かった。

竿先が絞り込まれ、

「これはいけるっ!?」とアワセを入れる。

…がすっぽ抜けた。

流石にオフセットフックはノリが悪いのか、

その後反応はなくなり、

オモリを7gへと変えて、

広範囲を探る事に、

何度目かのキャストを終えて、

眠気と空腹に耐えながらリールを巻く、

一瞬の違和感…、

やっと絞り込まれた竿先が、

「今度こそもろたでっ!!」と、

スウィープにアワセを入れた。

曲がる竿、走る魚、鳴るドラグ、

「これよこれーっ!!」となる私。

暫くの心地よい時間の後、

綺麗なキビレがネットに納まった。

d0113350_7282896.jpg


d0113350_7274783.jpg



ひとしきり綺麗な魚体を眺め、

海に返し元気な姿を見送った。

その後もキャストは続けたけれど、

小さなアタリに翻弄され、

「後、ワンキャスト」

「ラスト5キャスト」を繰り返し、

寒さの中で身体が固まり始め、

心底冷え切り、

空腹にも負けて、

思考が鈍くなって来た所で帰途に着いた。

帰りの車内で鈍く重たい頭は、

キビレのファイトをリフレインするばかりだった。




今回使ったのは、

ラパラジャパンさんが取り扱っている、

d0113350_732179.jpg



「ストーム 五目ソフト シュリンプ」

新しく出たワームで、

チヌに良さそうで気になっていた。

適度な硬さ、適度な柔らかさで、

とても使い易く、

これからのチヌゲームでの主力となりそうです。


竿も前回から変っていて、

メジャークラフトさんの

d0113350_732586.jpg



「N-one NSL-782M黒鯛」を使用して居ます。

使用感はとても軽く、

振り抜けが良くて、

アタリも取りやすいです。

このN-oneシリーズはとても気に入っていて、

シリーズ的に4本目になりました。

今後も増えそうで怖い…。


後、本文中にあった「Kリグ」ですが、

暫く前にも紹介致しましたが、

ちょっとずつ変更して居ます。

d0113350_7334111.jpg


フックをオフセットフックにしたり、

丸かったシンカーを、

長いタイプ(今は直リグシンカー)に変えて、

より根掛かりが少なくなりました。

ジグヘッドや、専用のラバージグのロストが怖い方は、

是非試してみてください。
by benisuiren | 2016-01-23 07:34 | 釣り
<< 春の訪れ・・・ 年末年始・・・ >>