夏季休暇・・・

夏季休暇……。

に入る前の週末、

私は近場の川に立っていた。

鯰狙いでフラフラと、

投げては巻き、

投げては巻きを繰り返す。

十数回バイトがあって、

鉤に触れたモノはナシ・・・、

心地良い完全敗北を記した。


そして、

次の日の夜、

前回、思う所あって和歌山へ行ったのは、

オリムピック製のチヌロッド、

「シルベラード GSIS742ML」を手に入れる為で、

今回はそのシルベラードを使う為に、

花火大会で釣りの出来ない大阪を離れ、

和歌山へと再び訪れた。

幾つかのめぼしいポイントを回り、

慣れない土地でチヌやキビレを探す、

最初に釣れたのは、

人生で片手でお釣りが来る回数しか、

釣った事のない魚、

d0113350_321298.jpg


コチだった。

竿自体はとても振り抜けが良く、

底の調子や、

フォール時の水流までわかる様で、

とても驚いた、

一発で心をグラファイトリーダーに、

持って行かれた。

場所を変えたり釣り方を変えて、

ライトゲームへ転じたりと、

ポツポツと魚と遊んでもらった、

そして、

ふと護岸沿いにジグヘッドを落とし込むと、

いきなり強烈なアタリ、

ドラグが鳴き始めた、

これはチヌ来たか!?と

何度か巻いてはドラグを出されるを繰り返し、

ネットインしてみれば・・・、

d0113350_334764.jpg


大きなフグでした♫、

流石にここまで大きいと良く引くのだなと、

チヌではなかったけれど、

気持ちは満足した。

d0113350_351763.jpg


d0113350_361343.jpg


d0113350_37544.jpg





そして迎えた、夏季休暇。

今年はどの魚もパターンがつかめず、

右往左往していて、

取り敢えずバイトだけでも欲しいと、

まずは奈良へ鯰狙いへ、

出る事には出るが、

前回同様、ほぼ乗らない、

一匹バラしたのみで時間ばかりが過ぎて行く、

駄目元で向かった水路、

其処でもバイトのみが続いた、

しかし、

ライブリーに変えて、

水面でトウィッチをすると、

水面が割れた、

いきなりの激しいバイトに焦りながらも、

鯰をネットに収めることが出来た、

d0113350_3814100.jpg


型は小さいけれど嬉しい魚、

そして続けて同じ様なアクションで、

また激しいバイトが襲って来た、

さっきの鯰より激しく暴れる、

ロッドに伝わる生命感に心が喜んだ、

一気に抜き上げると、

其処には・・・、

d0113350_392592.jpg


納得の行くサイズの鯰が存在した、

満足と言う言葉を、

久方ぶりに感じた、

その後は観察だけに留め、

空が白む前に帰途に着いた。



そして淡路島へ、

前回の和歌山では釣れなかった、

キビレ、マチヌ狙いに行く為だ、

しかし、

結果はと言うと、

残念ながらチヌの姿は見れなかった。

全体的に魚の活性が悪い様で、

ライトゲームでも数は釣れず、

一度だけ河口付近で、

チヌらしきアタリがあったのみで、

フッキング出来ず惨敗に終わった。


d0113350_3101543.jpg


d0113350_31115.jpg


d0113350_3122283.jpg





そんな淡路島から帰途に着き、

また癒しの鯰へ、

・・・、鯰もやはり調子が出ず、

また出ても単発で、

フックアップしない魚ばかりの中で、

護岸沿いから飛び出した、

小さめな一匹と、

d0113350_3133257.jpg


夜が明けて明るい中で、

酸素量が多いであろう、

落ち込みで釣れた、

モザイク柄の美しい、

目の覚める様な魚体の一匹だけに終わった。

d0113350_3142817.jpg


d0113350_315151.jpg


d0113350_3152049.jpg




全体的に見て、

毎年この時期の釣りでは苦労している、

それでもあの手この手で応戦して、

どうにか釣るのも釣りだし、

釣れないのも釣りじゃないかなと、

負け惜しみで夏季休暇を締め括ろう・・・。




d0113350_3175721.jpg


d0113350_3192617.jpg


d0113350_3201436.jpg


d0113350_321217.jpg


d0113350_3214122.jpg


d0113350_3224233.jpg

by benisuiren | 2016-08-19 03:15 | 釣り
<< 淡々と週末・・・ 平坦な日々・・・ >>