GNCPS-6102L-HS・・・

前回の釣行で、

初めて、

ヌーボ コルト プロトタイプGNCPS-6102L-HSを使用した、

アジ自体が周って居ない様で、

残念ながらアジを掛ける事は叶わなかった、

それから一週間、

ずっとムラムラしていた、

寝ても醒めてもアジングの事、

仕事で忙しくても、

頭の片隅には残っていた。

そして迎えた金曜日、

仕事を終え、

食事をすませ、

シャワーを浴びて、

丁度良い潮になる頃、

狙いを付けていた漁港へ走り出す、

少々無理の効く単独釣行だ。



深夜一時を過ぎた頃だろうか、

狙いを付けていた、

ちょっと前に良い思いをした漁港だ、

間違いねぇ!?と意気込んだモノの、

・・・、爆風やんか・・・。

取り敢えずは、とテトラに登るも、

向かい風な上に、

荒れた波がテトラに当たり水しぶきが、

わっちゃわちゃと私を襲う・・・。

負けない!!と投げるも、

向かい風なう!!で10mも飛ばない・・・、

それでも・・・、と漁港内を攻めるも、

荒れた影響か水の色は変、

魚の生命反応は感じられなかった、

ムラムラは抑えきれない、

そう、ムラムラなのだ!!

少し悩んだけれど、

近くに人気漁港がある、

いつも人が多いけれど、

釣り堀状態だけれど、

何とか断りを入れて釣りが出来れば、

もしかしてもしかするかも知れない!!

なんて人がいっぱいなら声も掛けずに引き返す、

スーパーコミュ障な私に出来るはずもない事に、

僅かながらの期待を寄せて、

人気漁港に足を踏み入れた・・・。

先行者は一人、あ、帰ってしもた・・・、

一人やん、貸切やん!!っと嬉しくなったけれど、

期待していた程状況は良くなく、

相変わらず爆風で、

時折、竿を持って行かれそうになる位の勢いだ、

それでもさっきの漁港よりマシだと、

ジグ単1.0gを投げ入れる、

魚の気配は読めない、

表層から中層、

ボトム、シェイク、テンションフォール、

全て反応が無い、

どうすれば・・・、と思いながら、

ピックアップしようとした矢先、

アジが飛び出した、

小さな小さな豆アジだった、

それでも居る事が確信出来た、

そうか横の動きか!?と一人虚しく納得し、

着水後の表層早引きでしか反応しない事を知り、

アタリとやり取りを楽しんだ、

d0113350_16554728.jpg
やっと、

アジングしてる人みたいな写真が撮れた、

色を変えたり、

ポイントを変えたりで、

細々とアジは釣れ続け、

途中で、

フォールや、シェイクを入れると、

d0113350_16550990.jpg
メバルが遊んでくれた。

満足した私は、

夜が明け切る前に

いつもの漁港の様子を見に走った、

もちろん、此処も暴風で、

水は濁り、ルアーは思った場所へと飛んではくれない、

なので、壁キワに落とし込んだり、

近距離のボトムゲームで遊んだりで、

d0113350_16544649.jpg
カサゴや、

小さ過ぎて直ぐにリリースした、

ソイ、タケノコメバル達が楽しませてくれた、

暴風の中、体力的には辛いけれど、

とても満足のいく釣りが出来たと思う、

アジングのシーズンは終わりそうだけれど、

GNCPS-6102L-HSの感触が掴めて本当に良かったと思う。




今回は、

フロロ2lbにジグ単1.0gを使用しアジングをしてみた。

軽さはトルザイトリングを使用している事もあり、

竿の長さを感じる事はなかった、

しかし私は、

カーボンの竿とグラスソリッドの竿を持ち替えながら、

違和感なくキャストしたりする程鈍感なので当てにならない・・・。

感度はと言うと、

よく言われる反響感度が

どう言うものか私は理解していないけれど、

爆風の中で竿がしなってしまい、

耐えるのに必死な中でも、

「コンッ」と言う本当に小さな当たりも、

確実に手元に伝え、

いつもの様な違和感さえも明確に手元に感じる様になった、

おかげで合わせに入る時間差が少なくなり、

より一層掛けている感触が強かった、

一言で言えば、

「中毒性が高い」

アタリの出方もやり取りも、

本当に中毒性が高い竿で、

ますます沼に浸かって行く気がしました・・・。


それでも、

竿を持ち替えてみて、

ずっと愛用して来た、

メジャークラフトの、

KGL-S762AJI

NSL-S742AJI

の二本もとても良い竿で、

あれはあれ、

これはこれ、で、

全く別の釣り味があるので、

今後も併用して使っていくと思う私でした。

by benisuiren | 2016-12-12 17:41 | 釣り | Comments(0)
<< 氷砂糖:ハオルチア・・・ 神戸周辺へ・・・ >>