カテゴリ:釣り( 339 )

アンダーの釣り・・・

大放流を行なっている堰の下、

トップでは簡単に流される状況の中、

久し振りにアンダーの釣りをした。



滝の様な流れの僅かな隙間で、

魅力的な鯰の影が眼に入る。


トップを投げ入れても、

瞬く間に流され、

勝負を掛ける暇もない。

同行者に、

シンキングミノーを借りて、

送り込む様に投げ入れた。

1投目、

2投目、

何投目だったか、

竿先にアタリが走った。


合わせを入れれば、

ファイトが始まった、


久し振りの本気のファイト、

流心に入る鯰、

急流の中で、

自由の泳いでるだけあって、

私の腕で支えるのがやっとだ。


筋肉質な抵抗と言えばいいのか、

私の余裕なんて一切ない、

ワールドモンスターのバットは負けてない、

問題は私の体力と技術だけだ。


ジワジワとランディングスポットへ導き、

数回の流心への突っ込み、

数回のランディングミスを冒しながら、

立派な鯰をネットに収める事が出来た。

d0113350_02104193.jpg
太く美しい鯰、

大きな扇状の頭が強さを物語る、

ずっと見ていたかった、

艶のある肌、

美しい模様。

愛らしい瞳。

抱き締めたいとも思った。



脳裏に焼き付いた、

真剣なファイト、

美しい強い鯰、

ありがとうと声を掛け、

ゆっくりネットの中から泳ぎ出す背中を見送った。


リリースのすぐ後、

同じ様なキャストで投げ入れると、

間髪入れず、

もう一匹が掛かった。

写真は無いけれど、

それもまた、

美しく、

強い鯰だった。



空が白み始めた頃、

ポイントを変え、

やっぱりトップでも釣りたいと、

水量の減った堰の下、

タイトにルアーを躍らせれば、

d0113350_02202545.jpg
明るくなった水面を割り、

先の二匹と謙遜ない強さの、

美しい良いサイズの鯰が釣れた。



トップの釣り、

アンダーの釣り、

それぞれの楽しさを知れた1日だった。








あるSNSで、

鯰の釣果写真が上がった、

鯰の口にはスプーン、

釣り人のコメントには、

「邪道な釣り方で申し訳ない」

違和感を覚えた。


確かに鯰はトップで釣る、

と言うのが前提みたいになっているけれど、

結局は趣味の事、

他人に迷惑さえかけなければ、

どんな楽しみ方だって構わない、

自分の信念に異を唱える者に、

脊髄反射で攻撃をする方がいますが、

制限される言われもない。


趣味の事だから、

上手くなくたって良いし、

非効率な縛りを持っても良いし

そこに釣れる要素があるなら、

アンダーの釣りだって悪くない。


何より

一番の邪道は、

楽しまない事なのですよ。


だから、

あなたの楽しみを、

勧めてくれるのは構わないけれど、

押し付けるのは、

筋違いなの。


d0113350_02305523.jpg





by benisuiren | 2017-05-25 02:33 | 釣り | Comments(0)

締めの鯰・・・

淡路島から、

深夜に帰途に着き、

早朝に自宅に着き、

仮眠を取ったその夜、

締めの鯰を求めて彷徨った。


気候も良くて、

暑くも寒くもない夜、

鯰の反応も中々良くて、

なかなか乗らなくて、

色んな場所を練り歩いた。


普段は狙わないエリアや、

反応の無かった場所も打っていく、

其れなりに反応はあったし、

満足は行った。

それでも諦め切れず釣り続けた。


居るのか?と、

水面をライトで照らしたら、

目の前に居た鯰、

眼の前でルアーを踊らせると、

何度も何度も喰らい付いて来た、

しかし、

今夜の鯰は出が浅い・・・、

「喰え、喰え!?」

と、祈る様に踊らせ続けたら、

竿が弧を描いた、

凄い抵抗だった、

ワールドモンスターの背骨を信じて抜き上げる、

d0113350_01024559.jpg

憧れの黒い鯰だった、

70cm程はあるんじゃないだろうか、

顔も、

口も、

ぽってりとしたお腹も、

総て大きかった。

それでも少し物足りない。



・・・キャストで釣りたい・・・。



また、

練り歩く、

いくつか周った後、

久し振りに入ったポイントで、

同行者がバラした、

間を置いて、

私に狙えと同行者、

一投目、

コースを変えて、

二投目、

バシャっ!?と言う、

破裂音と共にルアーが消えた、

竿が曲がり、

過剰なくらい合わせを入れた。

バラしたくない一匹だった、

d0113350_01075971.jpg

仇討ち成功、

満ち足りた。


で、懲りず他のエリアへ、

しかし、

出るのは出るものの、

デイまで粘ったけれど

乗せきれず、

釣り切れず、

追加出来ず仕舞いだったけれど、

やり切った感があった。


太ももは怠いし、

ふくらはぎも悲鳴を上げた、

元々弱い股関節も痛みが増した、

それでも後悔は無かった。


愉しかった。


それだけだった。

by benisuiren | 2017-05-11 01:12 | 釣り | Comments(0)

FishingTrip・・・

d0113350_01491655.jpg

FiahingTrip・・・、

小賢しい名前を付けてみても、

ただ単に釣りに行って来ましたよってだけで、

特に変わった事はない、

いつも通りマイペースに・・・。


世間はゴールデンウィークと言う週間で、

私は世間とは1日遅れで始まった、

仕事終わりで支度をして、

シャワーを浴びて、

釣りに出る筈が気が付けば、

眠りの中にいた、

疲れているだろうからと、

同居人に言われるままその日は、

そのまま眠りについた。



あくる日、

深夜まで待ち、

渋滞を避ける様に高速へ入る、

毎年恒例の淡路島だ。



今回の狙いはアジ

釣果情報やSNSでチラホラと、

アジの釣果が上がっていて、

私達も釣りたくなった。


目的の場所に着き、

釣りを開始するも、

思った様には行かなくて、

時間だけが過ぎて行く、

小さなアタリを何度か外し、

やっと釣れた今回初の魚は、

d0113350_01585790.jpg

小さなメバルだった、



その後、

一応、アジは釣れたのだけれど、

悩む時間が多過ぎて、

写真には収めていない、

ボトム付近での、

デットスローでしか反応はなかったけれど、

2匹釣れたのと、

後はアタリだけだったので、

結局、

それが正解なのか間違いなのか、

分からないまま時合いが過ぎてしまった様だ。

余談ではあるけれど、

私の手の感度は鈍い、

1.5lbのフロロで、

1.0gのジグヘッドを投げてみても、

着底が分からないのだ、

自身の感度が鈍いから、

道具に頼ってみても、

やっぱり感度は鈍い、

そんな感度のせいか、

何も分からないまま、

ポイントを後にした。



少し移動して、

違う漁港で、

気晴らしをしてみたら、

d0113350_02062489.jpg



d0113350_02070824.jpg



d0113350_02075074.jpg



いつもの顔ぶれの根魚達が遊んでくれた。




仮眠をとり、

海に向かうも、

同じ様な魚達ばかりで、

d0113350_02094523.jpg


少しばかり、

漁港では良いサイズのメバルが混じった位で、

今回の淡路島釣行は終了した。



アジの時期にはまだ早いとは言え、

他の方はデイでも釣れているのは確かで、

やはり私の感度が問題なのだろうか、

デイでも試しては見たいけれど、

陽射しに眼をやられ、

頭痛を起こすのと、

昼の熱気にやられ、

頭痛を起こす体質なので、

中々難しい所、

大人しく、

良い時期を待った方が賢明かな・・・。



それでも、

良い空気と、

広い空、

何度来ても飽きない景色、

きっとまた、

すぐに訪れるんだろうな。

能天気な顔して

FishingTripなんて、

気取った事を呟きながら。

by benisuiren | 2017-05-09 02:13 | 釣り | Comments(0)

ジョイントルアー・・・

d0113350_02295729.jpg




昔から、

ジョイントルアーが好きだった。

理由は無いけれど、

とにかく好きだ。



考え事も好きだ、

頭の中で図面を描き、

想像し、

思いを巡らせる、

そして形を作り出す。




二ヶ月以上は悩んでいた、

ライブリーに使うリップの形状の事が、

常に頭の中で巡っていた、

色んな形を頭の中に浮かべ、

時には紙に走り書き、

煮詰め、

破棄し、

想像を繰り返した。




やっと作る気になった、

半年ほど寝かしていた、

塗装済みのブランクもあった。




リップを切り出して見ると、

思いの外、

簡単に制作する事ができ、

あっという間に、

ジョイントルアーが完成した。




洗面台に浮かせてみる、

狭い水面でも、

クネクネと動く、

興奮した、

頭の中の想像が、

現実世界と繋がって、

そして、

予想を超えた、

私好みの動きになった。




気を良くして、

ジョイントで無い物にも、

付けてみた、

興奮した、

日に2度も、

私の理想が手に入った。




釣り人、

そして、

作り手の性だ。




真夜中に水辺に立った、

出来たルアーを投げ入れる、

心地よい動きが竿先を揺らす、

時間を待たず、

魚の反応はあった

食い損じ、

食い損じ、

食い損じ、

掛かりはしない、

そんな状況を楽しんでいたら、

竿が引き込まれた、

サブサーフェイスのせいか、

イキナリだった、

竿が曲がり、

強引な相手と、

強引な私。


d0113350_02432366.jpg



数秒後、

総ての満足感が私を満たしていた。

釣り人として、

作り手として、

3度目の興奮、

そして

満足があった。


by benisuiren | 2017-04-28 02:44 | 釣り | Comments(0)

あるがままにそのままに・・・

どうもお久し振り、

誰も見てないだろうけれど、

お久し振り。


釣りに行ってない訳じゃなかった。

今年はどうも調子が悪い、

何が悪いって、

天候も私の調子もだ。



職場のあれやこれやで

病み気味になったり、

恒例のインフルエンザにかかったり、

天候は例年よりも何だか1ヶ月遅れっぽいし、

まぁ釣りにでても釣れないよね、

魚の活性どころか、

私自身も危ういんだもん…。

それでも少しは釣れてるわけで、

海に川に行ってはみたものの、

なかなか…。


d0113350_02051601.jpg

海に出れば、

何となく渋い中で釣れて、

d0113350_02063149.jpg


d0113350_02074466.jpg

ぼちぼち釣れて、


川に行っても、
d0113350_02090779.jpg

d0113350_02095966.jpg

d0113350_02104304.jpg
ぼちぼち…。

季節は巡っても、

水の中は静かな様で、

今年の釣りには不安しかない。

by benisuiren | 2017-04-20 02:11 | 釣り | Comments(0)

穏やかな海と・・・

酒も飲まず、

浮かれず、

釣りをしているか、

寝ているか、

腹を空かせているか、

そんな年末年始だった。


年越しを、

釣り場で迎え、

その数日後に、

連休最後の釣りに出た。


泉南の穏やかな海、

アジは抜けてしまった様で、

釣れていた頃が妙に懐かしく、

季節の巡りを感じていた。


久し振りに訪れるポイントに上げの途中から入り、

穏やかな波間にルアーを投げ入れる、

プラグを投げてみれば、

何となくアタリが届く、

そっとあわせると、

d0113350_03215809.jpg
フラッタースティックにメバルが反応した。



フロートでも投げてみるかと、

海に漂わせると、

数回のミスバイトの後、

竿先が震える、
d0113350_03242200.jpg
何故かこの夜のメバルは、

爽やかな香りだった。


d0113350_03254947.jpg
五目ミノーでも続く、


d0113350_03273167.jpg
新しく手にした、

ダイワの「漂」でも気持ちの良いアタリが出た。

d0113350_03292860.jpg
すこしアプローチを変えて、

五目ミノーの色違いでもヒット。

総ての釣れ方に言えたのは、

ゆっくりゆっくりと、

穏やかな海の上を漂う様に泳がせる事だった。


大きく移動して、

漁港に入れば、

d0113350_03322739.jpg
良型カサゴが遊んでくれた。

そして、

ジグヘッドを着底させて、

底をトントンと叩いていたら、

「むにゅっ」としたアタリがあった、

あわせを入れたら、

相手は抵抗せず上がって来た。

d0113350_03351562.jpg
・・・、

良いネタが出来たと思ったよ・・・。




そして仕事始めの週末へと時間は過ぎて、

今度は少しだけ風のある泉南へと入る。

d0113350_03382962.jpg
渋いながらも、

そこそこのあたりはあって、

フラッタースティックに可愛いサイズが反応し、

エリアを変えた場所で、

強風に変わっていく中で

モニョモニョと2.0gジグヘッドで底を這わせると、

d0113350_03405999.jpg
良型カサゴが強引な引きで楽しませてくれた。

風は少しあったけれど、

穏やかな海に、

穏やかな空気、

そんな穏やさの様に、

今年の釣りが、

今年の生き方が、

淡々と過ぎていく事を

祈るばかりだった。

by benisuiren | 2017-01-13 03:44 | 釣り | Comments(0)

年越しはアジングで・・・

d0113350_04122837.jpg

気が付けば、大晦日だった。

休みに入った途端、

曜日感覚は狂い、

1日ほどズレていた様で、

気付けば除夜の鐘を聞いていた。



溜まっていた疲れのせいか、

同居人と二人で、

殆ど寝て過ごしていた年末、

何となく淡路島へ渡る事に、

まずは「奇跡の星の植物館」へ、

植物に興味を持ち始めてから、

滞在時間が長くなり、

淡路島に訪れる度に、

行きたくなる場所になっていた。


ひとしきり鑑賞した後、

夕刻の空の下、

釣り場へ向かう、

気になっていた釣り場へと入った。

今回はアジングメイン、

サビキでは釣れている様だけれど、

ルアーの人は釣れていない様子

私達も混ざってみた。

今年はイワシが大量発生しているらしく、

漁港内はイワシの群れで溢れていた、

アジは何処だ・・・、

サビキでは、ちらほら上がるアジ、

表層を攻め、

中層、ボトム、

色々と引き出しを開けて行く、

中層でトゥイッチの後のフォールで、

フッ!?と違和感を感じた、

アワセを入れる、

上手くフッキング出来た様で、

手元に小気味の良さが伝わった。

d0113350_04124810.jpg
アジだった、

でも、その後が続かない、

あれよこれよと試しても、

アジは釣れず、

粘ってみたけれど、

d0113350_04131120.jpg
私にはメバルしか釣れなかった。

ポイントを変えよう・・・。


軽く食事と休憩を挟み、

知った漁港へ入った、

エリアが異なるからか、

少し向かい風が鬱陶しい、

そんな中、

風で軽く荒れた水面付近を通すと、

d0113350_04134045.jpg
ある程度の大きさのメバルが遊んでくれた、

でもアジの姿はなく、

ポイントを変えても、

同じ様なメバルが釣れて、

他は、
d0113350_04140217.jpg
可愛いソイのみで、

島の反対側へと向かう事に。



50分ほど走り、

島の反対側にある漁港へと入る、

風は少なく快適。

体温を奪われる事も少なそうで安堵した。

それでもアジは手強く、

なかなか姿を見せない、

それでも・・・、と

壁際の中層あたりでダートさせると、

何かアタル、

アワセる度にすっぽ抜け、

何度も何度も執拗に攻めた、

間を入れた瞬間、

違和感を感じフッキングが決まる、

d0113350_04145142.jpg
アジだった、

岸際でダートさせてなんて初めての釣れ方だった、

同じ様な釣り方で数匹釣れた、

でもそれがパターンかと言われたら、

そうでもない様で、

投げて着底させての、

トゥイッチからのフォールや、

中層でのダート、

表層でのただ巻き、シェイク、

コロコロと変わるアジの反応で、

全層に居るんじゃないかと思うぐらい多様で、

振りに振り回され、

それが諦めない程度に釣れ続け、

飽きないぐらいにパターンが変わって、

気付けば年を越し、

除夜の鐘を聞き、

帰途に着く頃には、

この釣り場で6時間以上を費やしていた。



アジングは中毒性が高い、

本当に高い、

釣れ方もアタリもファイトも、

全てが楽しくて、

帰途に着いてすぐ、

アジが恋しくなっていた。

そろそろアジング中毒患者様に、

隔離病棟等の更生施設が必要なんじゃないかと思う。







by benisuiren | 2017-01-02 04:54 | 釣り | Comments(0)

さらっと流す・・・

d0113350_16363892.jpg


忘年会に次の日だった、

二日酔いもなく、

午後から動く事が出来て、

泉南にあるプランツショップへお邪魔した後、

少しのデイゲームを、


二匹ほど釣れた、

お腹ポテポテのデカカサゴは、

ダメージが少ない様に、

写真は撮らずリリースした他は、

d0113350_16320537.jpg
可愛いタケノコと、


d0113350_16322979.jpg
可愛いメバルが沢山釣れた。




その次の週、

アジが釣りたくて泉南へ、

爆風の中、

軽いジグヘッドに悩みつつ、

漁港を転々と、

アジは一匹で写真は撮らず、

d0113350_16331531.jpg
それなりにタケノコと、

d0113350_16340241.jpg
それなりのカサゴが釣れた。

帰りのパーキングで仮眠をとり、

帰途に着くはずだったけれど、

空の気持ちの良さと、

静かになっていた風を感じていたら、

Uターンして釣り場に戻っていた。

その後、爆風、

私には「無」しかなかった。

着底もわからないし、

アタリも分からず、

本当に「無」だけしかなかった。

久し振りに完全ボーズを頂いた。


そして、

その次の週、

一人深夜にチヌ狙いで、

工業地帯へと迷い込んだ、

干潮からの上げ狙いで行った訳だけれど、

ここでも「無」

上げて来るはずが、

潮はだるいまま、

凍える身体が、

身動きがとれなくなって来たので撤収、

二週続けて酷い有り様だ・・・。


冬の釣りは辛い、

でも楽しい、

釣り中毒患者は今日も治らない。


by benisuiren | 2016-12-30 02:30 | 釣り | Comments(0)

GNCPS-6102L-HS・・・

前回の釣行で、

初めて、

ヌーボ コルト プロトタイプGNCPS-6102L-HSを使用した、

アジ自体が周って居ない様で、

残念ながらアジを掛ける事は叶わなかった、

それから一週間、

ずっとムラムラしていた、

寝ても醒めてもアジングの事、

仕事で忙しくても、

頭の片隅には残っていた。

そして迎えた金曜日、

仕事を終え、

食事をすませ、

シャワーを浴びて、

丁度良い潮になる頃、

狙いを付けていた漁港へ走り出す、

少々無理の効く単独釣行だ。



深夜一時を過ぎた頃だろうか、

狙いを付けていた、

ちょっと前に良い思いをした漁港だ、

間違いねぇ!?と意気込んだモノの、

・・・、爆風やんか・・・。

取り敢えずは、とテトラに登るも、

向かい風な上に、

荒れた波がテトラに当たり水しぶきが、

わっちゃわちゃと私を襲う・・・。

負けない!!と投げるも、

向かい風なう!!で10mも飛ばない・・・、

それでも・・・、と漁港内を攻めるも、

荒れた影響か水の色は変、

魚の生命反応は感じられなかった、

ムラムラは抑えきれない、

そう、ムラムラなのだ!!

少し悩んだけれど、

近くに人気漁港がある、

いつも人が多いけれど、

釣り堀状態だけれど、

何とか断りを入れて釣りが出来れば、

もしかしてもしかするかも知れない!!

なんて人がいっぱいなら声も掛けずに引き返す、

スーパーコミュ障な私に出来るはずもない事に、

僅かながらの期待を寄せて、

人気漁港に足を踏み入れた・・・。

先行者は一人、あ、帰ってしもた・・・、

一人やん、貸切やん!!っと嬉しくなったけれど、

期待していた程状況は良くなく、

相変わらず爆風で、

時折、竿を持って行かれそうになる位の勢いだ、

それでもさっきの漁港よりマシだと、

ジグ単1.0gを投げ入れる、

魚の気配は読めない、

表層から中層、

ボトム、シェイク、テンションフォール、

全て反応が無い、

どうすれば・・・、と思いながら、

ピックアップしようとした矢先、

アジが飛び出した、

小さな小さな豆アジだった、

それでも居る事が確信出来た、

そうか横の動きか!?と一人虚しく納得し、

着水後の表層早引きでしか反応しない事を知り、

アタリとやり取りを楽しんだ、

d0113350_16554728.jpg
やっと、

アジングしてる人みたいな写真が撮れた、

色を変えたり、

ポイントを変えたりで、

細々とアジは釣れ続け、

途中で、

フォールや、シェイクを入れると、

d0113350_16550990.jpg
メバルが遊んでくれた。

満足した私は、

夜が明け切る前に

いつもの漁港の様子を見に走った、

もちろん、此処も暴風で、

水は濁り、ルアーは思った場所へと飛んではくれない、

なので、壁キワに落とし込んだり、

近距離のボトムゲームで遊んだりで、

d0113350_16544649.jpg
カサゴや、

小さ過ぎて直ぐにリリースした、

ソイ、タケノコメバル達が楽しませてくれた、

暴風の中、体力的には辛いけれど、

とても満足のいく釣りが出来たと思う、

アジングのシーズンは終わりそうだけれど、

GNCPS-6102L-HSの感触が掴めて本当に良かったと思う。


GNCPS-6102L-HSインプレ・・・
by benisuiren | 2016-12-12 17:41 | 釣り | Comments(0)

神戸周辺へ・・・

ずっと欲しかった、

オリムピック社製のアジングロッド、

ヌーボ コルト プロトタイプ GNCPS-6102L-HSを、

和歌山の「マルニシ」さんで購入する事ができた。

値段が値段だけに、

私の中では、

清水の舞台から飛び降りて、

爆発四散する様な気持ちで購入に至った。

チニング、アジングには本気なんです。

購入したら使いたくなるのが人情ってもんで、

しかし、

生憎の土曜出勤の週末、

近場では何処が良いかと悩み、

少し前の淡路島の事もあり、

余り足を踏み入れない神戸周辺へと足を延ばした。



神戸周辺とは書いたものの、

実際は明石寄りのエリアで、

過去に何度か訪れている漁港へ入る。

しかし、

アジの季節は終わっていたらしく、

今は釣れていないとの情報を頂いた・・・。

それでも、それでも何とか!?と、

新しい竿を振る・・・、反応はない。

壁際を攻め、キャストしてボトムを攻め、

あれやこれやでやっとのこさ記念すべき入魂、

d0113350_05023026.jpg
・・・・・・・・、

やっぱり鯵じゃなかった!!

それでも竿の性能を知るには充分だった。

キャストしてボトムを取り、

竿をリフトして、

ジグヘッドの重みを感じながら、

竿を倒しテンションフォールさせて行くと、

フッ!?としたアタリが出て、

メバルが釣れた訳で、

その前にも、

同じ様な感触でワームが折れ曲がって帰ってきた事から、

フロロ2lbでも、

確かなアタリを取れるのだな、と、

少し安心した。

本当の性能は使い込んで見ないと解らないし、

腕のない私には解らないかも知れないしね。



余談ではあるけれど、

私の手というか、腕は、

余り敏感な方では無いらしく、

感度の良い竿はとても有り難い、

私の下手さを竿の性能でカバー出来るからね。

約5年もの間、私を支えてくれた、

KGL-S762AJIもある程度の感度はあったし、

ティップが柔らかいので、

オートマチックにフッキングしてくれていた様に思う、

なので新しい竿に慣れるまで少し不安は有るのです。

指や手の感覚って鍛えれるのかな???


で、そんなこんなで、

小場所を少し回って、

d0113350_05025740.jpg
d0113350_05031954.jpg
タケノコメバル、

カサゴを追加して、

釣具屋さんを周って帰途に着いたのでした、



全体的に魚が小さかったのと、

本当の意味での入魂が出来なかったので、

不完全燃焼になり数日経った今もムラムラしているのでした。

けれど週末の釣り場が決まらなくて、

瀕死になっていたりもする私でした。


by benisuiren | 2016-12-08 05:30 | 釣り | Comments(0)