<   2017年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

アンダーの釣り・・・

大放流を行なっている堰の下、

トップでは簡単に流される状況の中、

久し振りにアンダーの釣りをした。



滝の様な流れの僅かな隙間で、

魅力的な鯰の影が眼に入る。


トップを投げ入れても、

瞬く間に流され、

勝負を掛ける暇もない。

同行者に、

シンキングミノーを借りて、

送り込む様に投げ入れた。

1投目、

2投目、

何投目だったか、

竿先にアタリが走った。


合わせを入れれば、

ファイトが始まった、


久し振りの本気のファイト、

流心に入る鯰、

急流の中で、

自由の泳いでるだけあって、

私の腕で支えるのがやっとだ。


筋肉質な抵抗と言えばいいのか、

私の余裕なんて一切ない、

ワールドモンスターのバットは負けてない、

問題は私の体力と技術だけだ。


ジワジワとランディングスポットへ導き、

数回の流心への突っ込み、

数回のランディングミスを冒しながら、

立派な鯰をネットに収める事が出来た。

d0113350_02104193.jpg
太く美しい鯰、

大きな扇状の頭が強さを物語る、

ずっと見ていたかった、

艶のある肌、

美しい模様。

愛らしい瞳。

抱き締めたいとも思った。



脳裏に焼き付いた、

真剣なファイト、

美しい強い鯰、

ありがとうと声を掛け、

ゆっくりネットの中から泳ぎ出す背中を見送った。


リリースのすぐ後、

同じ様なキャストで投げ入れると、

間髪入れず、

もう一匹が掛かった。

写真は無いけれど、

それもまた、

美しく、

強い鯰だった。



空が白み始めた頃、

ポイントを変え、

やっぱりトップでも釣りたいと、

水量の減った堰の下、

タイトにルアーを躍らせれば、

d0113350_02202545.jpg
明るくなった水面を割り、

先の二匹と謙遜ない強さの、

美しい良いサイズの鯰が釣れた。



トップの釣り、

アンダーの釣り、

それぞれの楽しさを知れた1日だった。








あるSNSで、

鯰の釣果写真が上がった、

鯰の口にはスプーン、

釣り人のコメントには、

「邪道な釣り方で申し訳ない」

違和感を覚えた。


確かに鯰はトップで釣る、

と言うのが前提みたいになっているけれど、

結局は趣味の事、

他人に迷惑さえかけなければ、

どんな楽しみ方だって構わない、

自分の信念に異を唱える者に、

脊髄反射で攻撃をする方がいますが、

制限される言われもない。


趣味の事だから、

上手くなくたって良いし、

非効率な縛りを持っても良いし

そこに釣れる要素があるなら、

アンダーの釣りだって悪くない。


何より

一番の邪道は、

楽しまない事なのですよ。


だから、

あなたの楽しみを、

勧めてくれるのは構わないけれど、

押し付けるのは、

筋違いなの。


d0113350_02305523.jpg





by benisuiren | 2017-05-25 02:33 | 釣り

いきごいしになまず・・・

心理的な距離も、

実際の距離も、

エントリーがしやすい、

そんな奈良へと、

またお邪魔した。



そろそろ、

色々なポイントが息を吹き返す頃で、

ポイントのチェックをして周った。



まだ少し渋いかな?と言う所で、

飽きない程度にはバイトがある。

小場所を攻めていると、

小さなバイトがあった、

d0113350_04054444.jpg

一瞬、

何が掛かったか分からないくらい、

小さな鯰だった。



その後もポイントを変え、

d0113350_04073904.jpg

一匹、



d0113350_04090375.jpg

二匹と良い魚に巡り会えた。



朝を迎え、

少しずつ街が動き始めると、

小川の対岸で、

ご老人が興味深そうにこちらを見て、

軽トラックを止めた。



何を釣っているのか聞かれ、

"鯰"だと返すと、

食べるのか、と尋ねられた。

釣るだけだと応えると、

美味しいよ、と笑顔で返されたご老人。


「生き鯉、死に鯰」


そんな言葉もある事を教えてくれた。

鯉は、生きている内に食べないと不味く、

鯰は、死んでからも美味しいと言う意味だそうで、

自分たちの若い頃は、

食べ物が少なく、

鯰や鯉、タニシ等も食べていたと。



タニシは、

別名「ヤマトダコ」と呼ばれていたと教えてくれた。

調理の仕方や、

明石のタコと似た様なものだと、

楽しそうに話すご老人。


私達が立っている川の由来や、

自分も釣りが好きである事、

色んなポイントがある事や、

自分の居住地が近い事等を聞かせてくれて、

とても温かい春の朝を感じれた。



沢山の釣り場で、

沢山の人に出会ったけれど、

勿論、

釣り人を毛嫌いする人もいるし、

温かさを貰える人もいる、

そんな出会いの一つ一つも、

遠くへ車を走らせる理由になっているのかも知れないな。





by benisuiren | 2017-05-24 04:27

締めの鯰・・・

淡路島から、

深夜に帰途に着き、

早朝に自宅に着き、

仮眠を取ったその夜、

締めの鯰を求めて彷徨った。


気候も良くて、

暑くも寒くもない夜、

鯰の反応も中々良くて、

なかなか乗らなくて、

色んな場所を練り歩いた。


普段は狙わないエリアや、

反応の無かった場所も打っていく、

其れなりに反応はあったし、

満足は行った。

それでも諦め切れず釣り続けた。


居るのか?と、

水面をライトで照らしたら、

目の前に居た鯰、

眼の前でルアーを踊らせると、

何度も何度も喰らい付いて来た、

しかし、

今夜の鯰は出が浅い・・・、

「喰え、喰え!?」

と、祈る様に踊らせ続けたら、

竿が弧を描いた、

凄い抵抗だった、

ワールドモンスターの背骨を信じて抜き上げる、

d0113350_01024559.jpg

憧れの黒い鯰だった、

70cm程はあるんじゃないだろうか、

顔も、

口も、

ぽってりとしたお腹も、

総て大きかった。

それでも少し物足りない。



・・・キャストで釣りたい・・・。



また、

練り歩く、

いくつか周った後、

久し振りに入ったポイントで、

同行者がバラした、

間を置いて、

私に狙えと同行者、

一投目、

コースを変えて、

二投目、

バシャっ!?と言う、

破裂音と共にルアーが消えた、

竿が曲がり、

過剰なくらい合わせを入れた。

バラしたくない一匹だった、

d0113350_01075971.jpg

仇討ち成功、

満ち足りた。


で、懲りず他のエリアへ、

しかし、

出るのは出るものの、

デイまで粘ったけれど

乗せきれず、

釣り切れず、

追加出来ず仕舞いだったけれど、

やり切った感があった。


太ももは怠いし、

ふくらはぎも悲鳴を上げた、

元々弱い股関節も痛みが増した、

それでも後悔は無かった。


愉しかった。


それだけだった。

by benisuiren | 2017-05-11 01:12 | 釣り

FishingTrip・・・

d0113350_01491655.jpg

FiahingTrip・・・、

小賢しい名前を付けてみても、

ただ単に釣りに行って来ましたよってだけで、

特に変わった事はない、

いつも通りマイペースに・・・。


世間はゴールデンウィークと言う週間で、

私は世間とは1日遅れで始まった、

仕事終わりで支度をして、

シャワーを浴びて、

釣りに出る筈が気が付けば、

眠りの中にいた、

疲れているだろうからと、

同居人に言われるままその日は、

そのまま眠りについた。



あくる日、

深夜まで待ち、

渋滞を避ける様に高速へ入る、

毎年恒例の淡路島だ。



今回の狙いはアジ

釣果情報やSNSでチラホラと、

アジの釣果が上がっていて、

私達も釣りたくなった。


目的の場所に着き、

釣りを開始するも、

思った様には行かなくて、

時間だけが過ぎて行く、

小さなアタリを何度か外し、

やっと釣れた今回初の魚は、

d0113350_01585790.jpg

小さなメバルだった、



その後、

一応、アジは釣れたのだけれど、

悩む時間が多過ぎて、

写真には収めていない、

ボトム付近での、

デットスローでしか反応はなかったけれど、

2匹釣れたのと、

後はアタリだけだったので、

結局、

それが正解なのか間違いなのか、

分からないまま時合いが過ぎてしまった様だ。

余談ではあるけれど、

私の手の感度は鈍い、

1.5lbのフロロで、

1.0gのジグヘッドを投げてみても、

着底が分からないのだ、

自身の感度が鈍いから、

道具に頼ってみても、

やっぱり感度は鈍い、

そんな感度のせいか、

何も分からないまま、

ポイントを後にした。



少し移動して、

違う漁港で、

気晴らしをしてみたら、

d0113350_02062489.jpg



d0113350_02070824.jpg



d0113350_02075074.jpg



いつもの顔ぶれの根魚達が遊んでくれた。




仮眠をとり、

海に向かうも、

同じ様な魚達ばかりで、

d0113350_02094523.jpg


少しばかり、

漁港では良いサイズのメバルが混じった位で、

今回の淡路島釣行は終了した。



アジの時期にはまだ早いとは言え、

他の方はデイでも釣れているのは確かで、

やはり私の感度が問題なのだろうか、

デイでも試しては見たいけれど、

陽射しに眼をやられ、

頭痛を起こすのと、

昼の熱気にやられ、

頭痛を起こす体質なので、

中々難しい所、

大人しく、

良い時期を待った方が賢明かな・・・。



それでも、

良い空気と、

広い空、

何度来ても飽きない景色、

きっとまた、

すぐに訪れるんだろうな。

能天気な顔して

FishingTripなんて、

気取った事を呟きながら。

by benisuiren | 2017-05-09 02:13 | 釣り

疲れた日々・・・

色々重なった週だった、

忙しい上に、

体調も思わしくなかった。



週末になり、

仕事を終え、

さぁ行こうか、

と言う所で、

疲れからか、

眠ってしまった。



起きた時、

誰も悪くないのに、

とても腹が立っていた。



シャワーを浴び、

海に行きたかったけれど、

時間と相談し、

近所の鯰へと走る。

d0113350_17403224.jpg
状況は悪くなく、

乗りは悪いけれど、

飽きない程度にはバイトがある。



d0113350_17421724.jpg

一匹目を釣った後、

すぐに二匹目も釣れた。



満足はしたけれど、

どうにも落ち着かない気持ちを、

新規開拓に押し付け、

色々周ってはみたものの、

魚は出ず、

新たな場所も開拓出来ず、

帰途に着いた。



大和川や、

武庫川、

色々な場所を知りたいけれど、

なかなか難しいモノだね。


週末だけじゃ、

時間が足りないな…。


d0113350_17460777.jpg


by benisuiren | 2017-05-04 17:46