いきごいしになまず・・・

心理的な距離も、

実際の距離も、

エントリーがしやすい、

そんな奈良へと、

またお邪魔した。



そろそろ、

色々なポイントが息を吹き返す頃で、

ポイントのチェックをして周った。



まだ少し渋いかな?と言う所で、

飽きない程度にはバイトがある。

小場所を攻めていると、

小さなバイトがあった、

d0113350_04054444.jpg

一瞬、

何が掛かったか分からないくらい、

小さな鯰だった。



その後もポイントを変え、

d0113350_04073904.jpg

一匹、



d0113350_04090375.jpg

二匹と良い魚に巡り会えた。



朝を迎え、

少しずつ街が動き始めると、

小川の対岸で、

ご老人が興味深そうにこちらを見て、

軽トラックを止めた。



何を釣っているのか聞かれ、

"鯰"だと返すと、

食べるのか、と尋ねられた。

釣るだけだと応えると、

美味しいよ、と笑顔で返されたご老人。


「生き鯉、死に鯰」


そんな言葉もある事を教えてくれた。

鯉は、生きている内に食べないと不味く、

鯰は、死んでからも美味しいと言う意味だそうで、

自分たちの若い頃は、

食べ物が少なく、

鯰や鯉、タニシ等も食べていたと。



タニシは、

別名「ヤマトダコ」と呼ばれていたと教えてくれた。

調理の仕方や、

明石のタコと似た様なものだと、

楽しそうに話すご老人。


私達が立っている川の由来や、

自分も釣りが好きである事、

色んなポイントがある事や、

自分の居住地が近い事等を聞かせてくれて、

とても温かい春の朝を感じれた。



沢山の釣り場で、

沢山の人に出会ったけれど、

勿論、

釣り人を毛嫌いする人もいるし、

温かさを貰える人もいる、

そんな出会いの一つ一つも、

遠くへ車を走らせる理由になっているのかも知れないな。





# by benisuiren | 2017-05-24 04:27 | Comments(0)