憂鬱な釣り・・・

d0113350_20552827.jpg



天気予報は曇り。

現地に着けば、小雨。

よろしくない雰囲気の中、私達の釣りは始まった。

いつも通りにN漁港に辿り着いた私達二人。

常連のおじさん達に、顔バレしてるらしく「いつもより遅いなー。」のご挨拶をいただく。

恋人のシーバスロッドの初陣ともあり気合充分。

私もラテオパイレーツに魂を吹き込みたく気合充分空回り。

漁港内を歩き回り、投げては巻き、投げては巻きを繰り返し。

しかし、潮は動いてなく、魚の反応もイマイチ、常連方も釣れてはいない。

浮遊物(いわゆるゴミ)も、同じ場所に留まり動く気配なし。

なら、動いてる場所に行けばいいのだー、っと外側テトラでSL-12を巻き巻き。

扇状に攻めた数投後、テトラ沿いを引いた所にガツンッ!?と来なすった。

前日にシングルフックに変えたせいか、それとも掛かり所が浅いせいか、目の前でバラシ・・・。

フックが開き気味に伸びてました・・・強引なファイトが悪かったかな?

その後は、アタリもなく沈黙・・・、ライトゲームにチェンジ。

いつものKGL-732LGで、1.5gJHを壁際でチョンチョンすると。

d0113350_205529100.jpg


かわいいメバルさんが御出動・・・癒されます。

しかし、この後で現れた釣り人達にビックリ・・・。

私達が釣りをしている足元でも構わずライトを照らし、ずっと歩き回るタコ釣りの人(常時照らしてる)。

私達の車の側で竿を振り回し、今にも車にベキョッとしそうなご夫婦。

私達のラインの上を投げるタコエギのおじさん・・・。

私達二人は閉口し、気力を奪われ、フラフライライラしながら移動・・・。

マックで食糧を仕入れ、モグモグしながらF漁港へと移動。

安らぎのF漁港では、私達と先行者様の三人と言う静かな時が流れていました。

でも、悪い事とイライラは残る様で、アタリがあったと思えば、フグにワームを千切られ。

これはキタでっ!?て言うアタリは、ファイト中にフックが折れ・・・私沈黙。

駄目だこりゃっと、良くない流れを断ち切るべくF港へと移動。

恋人は休憩するって言うので、私一人で立ち向かうべく勇気を振り絞ったのです。

まぁ結果は・・・笑い流したい気分ですね、サカナが変わり身の術を使ってロープが釣れたぐらい。

そして私も不貞寝・・・起きたらF漁港へとりたーん。

寝てる間に、雨が酷くなって来たらしいけど、起きたら止んでた。

ちまちまと、敷石の間を攻めてみたら、

d0113350_20552967.jpg


ミニタケリンが釣れて、ミニムラソイが釣れて(写真ナシ)、アナハゼが釣れました。

d0113350_20552792.jpg


超絶引く魚が掛かったのですが、リーダーをブ千切られて終了。

なんだか、乗れない今回の釣りでした・・・・リーダー切れた魚さんごめんよ;

しかーし、帰りの泉大津PA陸側のカロヴァーレで食べたピラフ大盛りが、

お肉も柔らかくて、お味も最高で幸せになれたので、最後にはいい日になったのでした。

まっ、恋人となんやかんや楽しくやれたので今回もいい日になったのです。

次こそ、でかいスズキを仕留めとうございますねー。。。
by benisuiren | 2011-11-01 21:30 | 釣り
<< ピスト・・・ 秋の釣り・・・ >>