アジング・・・

今回は都合により写真なし。

何としてもアジが釣りたくて、

台風の影響の無い内に出発、実績のある場所へと向かった。

ポイントはスロープで、プランクトンやベイトが溜まりやすい。

常夜灯も効いているので、期待も十分。

小雨の降る中、KGL-S762AJIにフロロ2ポンドに0.4gJHにパワーシラスを付けて投入。

一投目、二投目と反応が出ない、ちょっと焦る。

小雨の中を移動するのは骨が折れるし、何と言っても干潮に向かう潮、時間が無い・・・。

明暗は?とスロープ際のシャロー側に向けて投入・・・あたったっ!?

しかし、ジャンプ一発でバレタ、ジャンプって事はセイゴか?と再度投入。

コツン!?とすぐにアタリ、今度はしっかりアワセを入れる、

そこそこのサイズのアジだ、待望のアジに私は安堵した、任務開始だ。

とりあえずアジ丼の材料確保に励む私、良くアタリ、よく釣れる。

しかし、大きいのに限って、クーラーに収める前にポロンチョ。

そのポイントには色々集まってる様で、アジが太刀魚がアジを咥えて泳いで行く姿も・・・。

しばらく釣り続け、アタリもなく、任務も完了したので移動。

和歌山のあるポイントに向かったのだけど・・・セイゴらしきバラし多数で終了。大阪に戻ります。

F漁港へとはいる。

ここでもアジを狙うのだ。

しかし、アジの姿は無くカマスが釣れた、カマスが居るからアジが居ないのかな?

しょうがないなと車に戻ろうとすると、ふと思い出した事があった。

条件さえ揃えば、アジは水深30cmでもいる・・という持論だ。

結果それは大正解だった、スロープと常夜灯、シェードそしてプランクトン、

見事にマッチして居た様で、キャスト後にシェイクしフォールさせると、

クンッ?と小気味の良いアタリ、ガッツリあわせてやると、

そこそこのサイズのアジだ、続けて数匹釣り上げたら納得したので、

そのポイントから近い場所で、条件を外した場所を攻めると、

全くアタリが出なくなってしまった、やっぱり特別条件が良かった様だ、

次くる時も、頭に入れて置かねばなりますまいな・・・。
by benisuiren | 2012-10-02 23:09
<< 晴天詐欺・・・ 秋の風物詩・・・ >>