あの方と・・・

何年振りだろう、

同居人以外と釣りに出るのは。



「LINE」の知り合いかも?の一覧に、

その人の名前があった。

名前がある事に気付いてから、

ずっと気にはなっていた。



数年前に釣具店で知り合い、

浅い付き合いながらも、

ツーリングに連れ出して頂いたり、

整備を教えて頂いたり、

時には管理釣り場での釣りや、

レースの観戦に連れ出して頂いた。



私がバイクで転けて、

転けた理由も分からず、

嫌になり、

その年の8耐を観戦したら、

もうバイクは降りようと、

半ば自棄になっていた頃、

長袖の下に包帯をグルグル巻いた私に、

その方がくれた、

「そんな事もある、もう少し乗ってみれば分かるよ」

と言う言葉に救われ、

自棄気味な気分は晴れて、

バイクに乗り続けて来れた。



そんな私も、

幾つかの分岐路に立ち、

釣具店にも寄り付かなくなり、

次第に疎遠になっていた。



私自身希薄な性格なのか、

あまり人に対して密に連絡しない方で、

気が付けば10年程経っていた。

そんな中で一覧に名前を見つけ、

ずっと引っ掛かりを感じていた。

どう声を掛ければいいのか…、

少しばかり勇気を出して、

昔のハンドメイドルアーの事を尋ねた。

あの頃と変わらない雰囲気で、

返事は軽快に帰って来た、

その方もその方で、

沢山の分岐路を通り過ぎて、

今はカフェを開いているとの事だった。



金曜日の夜、

ふっと仕事が無くなり、

後輩達に帰れと言われ、

その方のカフェにお邪魔する事が出来た。

店の方と話していると、

連絡を入れてくれたのか、

私の到着後直ぐに大荷物を抱え、

戻って来てくれた。

10年分の時は流れても、

笑顔は変わらなかった。



色々と話をし、

訪れた他のお客さんとも話し、

時間が過ぎて行く内に、

店が終われば鯰釣りに出る事になった。

一旦戻りタックルを準備して、

鯰ポイントへ、

二人で釣りは行った事がなく、

どんなペースなのか不安はあったモノの、

釣り場に着けば不安は消えた。



一言で表せば、

「懐かしいな」だった。

昔、誰かと連れ立って、

週末の夜に釣り場に繰り出していた、

あの頃を思い出した。




結果で言えば、

二人共ノーフィッシュで、

何匹かバラしたのみで終わった。

あの方がどう思ったのかは分からないけれど、

私はとても満足していた。

最後に一言

「これは1本釣るまで付き合ってもらわなアカンな」

と言う言葉を、

まるでブランクを感じる事なく頂けたからだ。
by benisuiren | 2016-04-12 01:36 | 釣り | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 桜と鯰と・・・ 週末鯰散歩・・・ >>