京都・・・

京都に訪れた、

二週間ほど前の話。

度々登場するあの人(Oさんとしよう)と釣りに出る際、

行き先が決まらず、

話し合いの結果、

先日、Oさんが散策して来たという、

京都の某所へ訪れた。

初めてのポイントに四苦八苦しながら、

小型河川の中央部に走る、

少し深めの流れから、

良いサイズの鯰を抜いた。

d0113350_1205648.jpg


何度かのバイトが他にもあったけれど、

その一匹で私は終了。

Oさんも一匹釣り上げて終了した。


次の日、

今年初めての、

淀川キビレに出た。

結果から言うと惨敗だった。

魚のリズムに合わせ切れず、

眠気と、

ウェーディングでの体温の低下のせいか、

吐き気と頭痛の間で揺れて、

よく分からない目眩に襲われ、

何事も無く、

同居人の綺麗なキビレを見たのみで終わった。


平日のムラムラを抑え切れず、

鯰を狙いに出ても、

見事にバイトのみに終わり、

心も身体も沈黙。


そして迎えた週末。

気になる竿があった、

それに着けたいリールも手に入った、

竿も買った、

Oさんに報告すると、

いつに間にやら、

釣りに出る事になった、

同居人のいない夜、

Oさんと、また京都へと向かった、

結果はと言うと、

水の流れが悪く、

薬剤の様な香りがする中で、

何度かのバイトがあったけれど、

魚を掛ける事すら出来なかった。

Oさんを送った後、

まだ明けぬ空の中、

1人ポイントへ滑り込む、

一つ目のポイントでバイトをもらい、

三つ目のポイントで、

明るくなって来た空の下で、

激しいバイトがあった、

新しい竿に魂が入る、

d0113350_1215147.jpg


綺麗な鯰。

絵に描いたようなバイトだった。

疲れ果て帰途に着き、

部屋で気づけば、

午後を迎えていた、

同居人を迎えに行こう、

それで週末は満足だ…。



d0113350_1225324.jpg

by benisuiren | 2016-05-26 01:23 | 釣り | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 近頃の鯰模様・・・ 2016年GW・・・ >>