淡々と週末・・・

金曜日の夜、

同居人と、

涼しさと鯰を求め、

奈良へ滑り込んだ。

今年の夏は暑過ぎたのか、

やはり食いが悪い。


それでもやる気のある個体を探し、

ポイントを歩き回り、

いくつものポイントを回り、

バイトを何度か貰った。


d0113350_01382118.jpeg
一匹目は狭い溝、

d0113350_01393041.jpeg
二匹目は浅い水路だった。

どちらも流れがあると言うのが共通点で、

幾度のバイトも、

同じ様な流れのある場所だった。



そして土曜日の夜、

同居人とは別行動になった。

所用を済ませ、

淀川へ入った、

水の状態は悪く、

何処か元気がない様で、

アタリすらない状況に、

干潮が近付いた頃、

ふと手元にプライヤーがない事に気付いた。

これでは困ると、

少し離れた量販店まで買いに走る事に、

プライヤーを買い求め、

ふと近くに武庫川がある事を思い出した、

様子を見てみるかと、

過去の事を思い出しながら、

川辺に降りた、

竿を振る、

振り続けた、

小魚らしきモノが、

時折、水面を揺らす、

足場の良い川岸、

壁際をそっと覗き込むと、

小さなチヌが見えた。

魚がいる、確信が持てた。

しかし、

竿は曲がらない、

時折、跳ねる小魚と、

魚が居る、

と言う確信を信じ、

夜が明けるまで振り続けた。

竿先は曲がらない。

疲れたなと水面を見ると、

小魚の群れが少し怯えた様なそぶりを見せた、

何か居る、

何かとは何だ、

気付けばポッパーを投げていた、

少し風が強く波立つ水面。

遠投し、

潮目の様な流れの合流地点に流し込む、

「ボシュッ」

地味な音と共に、

ルアーが視界から消えた。

曲がる竿先、

バッドまで届いた。

糸先の何かは、

エラ洗いで抵抗する、

エラ洗いを2度3度繰り返すが、

追従性が良い竿なのか、

バレない、

余裕がある。

何度もドラグが鳴いた、

寄せては巻いて、

巻いては潜られ、

エラ洗い…、

ネットに納めた魚は、

久し振りに見た大きな魚体だった。
d0113350_01404111.jpeg
d0113350_01413040.jpeg


なんでチヌ狙いでポッパー投げて、
シーバス釣れてまうねん…。



嬉しい様な、

なんやかんやな気持ちの魚だった。


その後は、

ペンシルや他のポッパーを投げ続けたけれど、

怯える小魚も居ないし、

他の魚の反応もなくなり、

帰途に着いた。



未だにシルベラードで、

チヌは釣れていない・・・・。








過去の事・・・、

武庫川に初めて訪れたのは、

いつだったか覚えてはいないけれど、

記憶に残っているのは、

親戚の方が連れて来てくれたハゼ釣りだった。


私が幾つだったのか覚えてはいない、

確か小学生の低学年か、

もう少し上だったと思う。


ハゼを釣っている時に、

私のリールが巻けなくなった、

それを親戚の方に伝え助けを求めた。

しかし答えは、

リールの方を見る事もなく、

「お前の手入れが悪いからや。」

だけだった、

確かにそうかも知れないが、

私の中で、

「大人は何もしてくれない」

と言う気持ちが芽生え始めた気かっけになったのだと思う。

今でこそネットを開けば、

知識は溢れているが、

当時の小学生にリールをバラせる知識などは無いし、

取扱説明書も無ければ、

もちろん道具なども持っていない、

そんな中で言われた言葉は今でも覚えている。

リールが不調になり、

ハゼもあまり釣れないままで時間は過ぎ、

帰途に着いて、

帰りの食事の際にも、

「一番釣れて無い奴が一番よく食うてるな。」

と言われた事も覚えている。

何気無い一言だったのだろう、

けれど、私には充分な重みとなった、

食事は喉を通らなくなったし、

より一層、

他人と言うものが嫌いになっていった。

そんな事が重なったせいか、

今でも時折母親に、

「あんたは何処か冷たいな。」と言われる事がある。

三つ子の魂百までなんて言葉がある様に、

私にも色んな出来事の記憶が残り、

他人を切り離し、

一線を置き、

友人はあまり持たず、

人には何も期待しない、

誰とも連絡を取らず、

一人を好む生き物になってしまった様に思う、

そんな事過去の事をふと思い出した、

武庫川の川岸。

淡々と流れは下流に向かい、

淡々と生きていたい私に、

武庫川の流れは、

静かな時をくれただけだった。

d0113350_01422718.jpeg



by benisuiren | 2016-08-25 02:02 | 釣り | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 気になっていた場所・・・ 夏季休暇・・・ >>