いない海・・・

d0113350_12391853.jpeg

昨年、鬼籍に入った、

祖父の一回忌があった。



国産みの地にて、

漁を営んでいた祖父、

父親から、

一回忌の話を聞いた時、

祖父の働いていた漁港で、

釣りをしたくなった。



一回忌の法要が終わり、

所々諸々が終わった後、

祖父の漁港を訪れた。



幼い記憶の中で、

何度か船に乗せては貰ったけれど、

夢現つの中で、

曖昧にしか憶えていない。



竿を振っていると、

祖父との思い出が、

そろりそろりと湧き出してくる。



散歩、

公園の遊具、

虫捕り、

連絡もせず、

急にバイクで訪れ、

祖父を驚かせた事。



飽きない程度に、

魚は反応してくれて、

他の漁港にも足を伸ばしてみる、



幾つか回った後、

また、祖父の漁港へ、



深夜、

物音が消える頃、

淡々と揺れる波間を見ていた、

祖父の居た漁港、

祖父の居ない海、

もう、いきなり訪れて、

祖父を驚かせて、

笑顔で怒られる事も無いのだな、

そう思うと、

急に寂しさが込み上げて来た。



帰途に着く際に、

祖父の眠る墓地の側を通り、

心の中で呟く、

「祖父ちゃん、また来るよ」


d0113350_12374407.jpeg

d0113350_12382170.jpeg
d0113350_12384999.jpeg





by benisuiren | 2016-09-18 12:41 | 釣り
<< 面倒臭い・・・ もっている・・・ >>