氷砂糖:ハオルチア・・・

d0113350_02063640.jpg

去年の2月、

どうしても氷砂糖と言うハオルチアが欲しくて、

色んなサイトを巡り捜し求めていた所、

メルカリと言うアプリで運良く発見することが出来た。


何ぶん初めての個人売買で、

それも通販となると相当勇気が必要だった、

恐る恐る連絡を取り、

購入に至った訳ではあるけれど、

取引の最初から、

メルカリの運営ルールにない、

ローカルルールを推してくる変な相手だと言う印象だった。

運営側にルールを聞いてみても私に不備はなかった。

そんな変な思いをしながらも取引をし、

家にいない間に届いたらしく、

不在届を持って郵便局へと訪れた。

いざ受け取りと言う時に、

局員の複雑そうな顔が見えた、

「これですか?」

苦笑いとも取れない顔が印象的だった、

それもそうだろう
d0113350_02062312.jpg
送られて来た容器がこれだったのだもの、

さすがに私も絶句した、

色んな理不尽にあっては来たけれど、

流石に常識という物が崩れた。


勿論、評価は悪い、

届いた氷砂糖も状態が悪く、

容器も前途の物で生臭く、

せめて綺麗にしてから送って欲しかった、

と、オブラートに包みコメントを残すと、

相手は大層ご立腹の様で、

「私たちの間では普通だ」

「中には飲んだ後のジュースの紙パックに入れる人もいる」

「非常識なのはお前だ」

「謝罪しろ、私の経歴に傷がついた」

「まともに届いたら良い評価をしろ」

等の有難い言葉をいただいた。

もちろん運営に問い合わせた所、

私に不備はなかった、

後に、同じメルカリで、

どうしても王妃雷神錦が購入したくて、

勇気を振り絞ったが、

こちらの方はちゃんとした対応をしていただけて、

梱包も植物に対する暖かさに溢れたものだった。

そんなこんなで、

購入後しばらくは生臭い様な気がするし、

状態も悪いし、

欲しかった品種だけに、

がっかりと言うか、落胆が大きく、

暫くは愛せなかった。

しかし、

氷砂糖、彼女に罪はない、

改めて見ると、

新しい葉も増え、

子株も吹き、

斑の入り方も良くなってきた事に気づき、

そろそろ大きめの鉢に植え替えようかと思っている。


個人売買の恐怖を知った、

貴重な体験だったけれど、

常識という観念が崩れるかと思った事件でした。

寿司パックを見る度に思い出す、

笑うに笑えない思い出。



とある中国地方の愛好家の方へ、

あなたの常識を疑った方がいいですよ、

寿司パック(ネギトロ)で、

ギフトは贈れないでしょ?




by benisuiren | 2016-12-28 02:30 | 植物 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< さらっと流す・・・ GNCPS-6102L-HS・・・ >>