<   2016年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

雨の後と雨の中と・・・

また、

雨が降った。


暖かい日が続いて、

鯰の調子も良くなってくるやろな、

なぁんて思ってたら、

木曜日に結構な雨が降った。

雨の事が気になりつつ、

時間が過ぎて、

金曜日の夜。

同行者に連絡を取る。


今回も近場周りで、

同行者にプラスもう一人となった。


雨の影響か、

思っていた以上に、

反応は悪い。

それでもチラホラと、

バイトを重ねては、

バラシの数を増やし続ける。

一匹位は見せないと、

同行者の二人に釣れる事を、

証明出来ないなと、

川下の岸際へと、

ルアーを送り込む、

着水と同時に誘いの首振り、

リトリーブ…「ぼふっ!?」

視界からルアーが消えた、

リトリーブを続けても、

重みが無くルアーが水面に浮いて来た、

もう一度、

その場で誘いの首振り、

「ぼふっ!?」

繰り返す事数度、

フックアップに成功し、

速い流れの中でのファイトを楽しみ、

数秒後ネットに納めた。

d0113350_146593.jpg


同行者二人に見せた後、

暫く私は竿休め。


ネットだけ持って、

幾つかのポイントと、

誘い方を伝えた。


同行者の一人がタイムアップで帰宅し、

残った同行者と私は、

違うポイントへと滑り込む、


その辺りでは少しばかり大きめの川、

と言っても、

大き目の水路と言った所だ。

脇に車を停めて、

思い思いにルアーをキャストする。

同行者に釣って欲しくて、

私は余り移動せず、

色々ルアーを変えながらパシャパシャ遊ぶ。


護岸際に草が生い茂り、

水面に落ちる際を縫う様に、

羽根系ルアーをカチャカチャ鳴らして遊ぶ。


水面が割れる、

竿が曲がる、

1年程酷使したグラスコンポジットの竿は、

いつの間にやらグンニョリとして、

綺麗な曲線を描く、

綺麗な鯰だった。

d0113350_1471061.jpg



静かな夜だった、

残念な事に、

同行者には釣って頂けなかったけれど、

何とか姿だけは見て頂けて、

一つ進歩した気がした。


そして、

同居人と奈良へと向かった、

土曜日の夜、

小雨の降る中で、

レインウェアに身を包み、

いつものコースを遊ぶ、

金曜日に引き続き、

反応は渋いけれど、

居る場所には沢山居る様で、

私はまたまたバラシの数を増やす、

幾つかのバラシの後、

やっとフックが刺さった様で、

小さ目の可愛い鯰が釣れてくれた。

d0113350_1481625.jpg



バイトはあるし、

何とは無しに満足な夜で、

そろそろかなと、

最後のポイントが熱かった、

目視出来る距離に鯰が居て、

浅い水深の水底から食い上げる様が見て取れて、

綺麗な個体をサイト気味で掛けた、

d0113350_149871.jpg


その後は、

何度も何度もバイトが続けれど、

バラシては投げて、

バラシては投げてを繰り返し、

ほんの数投のつもりが、

結構な時間を費やし、

空が白み始める頃、

我に帰り帰途に着いた。


2日続けての鯰狙い、

これから季節も良くなり、

もっと増えて行くのだろうな、

まだ見ぬ釣行を思い、

笑顔の前借りをする。

満足な週末だ。
by benisuiren | 2016-04-27 01:53 | 釣り

鯰と私と考え事・・・

土曜日の夜、

同居人は遅く帰って来て、

疲れている様で、

一人で釣りに出る事にした。


色々考える事があった事もあり、

何とは無しに、

ふらふらと釣り場へ入る。


つらつらと考え事をしているせいか、

何度も何度もバラシを重ねる。

アワセが下手になったのか…。


これからの事、

今までの事、

身内の事、

仕事の事、

頭の中で流しては、

答えなんて無いのに、

暗がりの中で悩み続けた。


ルアーが着水して、

アピールの為に首を振らせ、

巻き始めた。

下から強烈なバイト、

乗らないまま、

二度目、三度目のバイト、

重みが竿に乗る、

今度は上手くアワセが効いた様だ、

少しばかり大きな個体が、

水面でうねり水飛沫を上げる。

暫くのやり取りの後、

ネットの納まった、

太い鯰。

d0113350_139890.jpg


綺麗な模様を描いていた。



他のポイントも周ってみるものの、

バラシが続き雨も降り出した。

朝の6時を迎えて、

すっかり明るくなった空の下で、

往生際悪く竿を振る、

鯰はもう沈黙し、

私の気持ちも沈黙した。



生きていれば、

色々ある、

悲しい事も、

苦しい事も、

全部含めて人生、

それでも人生…。


夜釣りは、

色んな想いが巡り、

私は、

ただ、

一人の時間を過ごす、

それでいい、

それがいいんだ。



d0113350_1401935.jpg

by benisuiren | 2016-04-19 01:41 | 釣り

桜と鯰と・・・

金曜日の夜は、

バイトがあるものの、

バラしてしまい、

釣果的には不満が残った。

あくる土曜日の夜、

今度は同居人と奈良へ。


桜も散り散りとなり、

葉も見え始め余韻を残す暖かい夜で、

寒さは感じなかったけれど、

鯰達の反応は悪く、

同居人に一匹釣れて、

私はまたもバイト数回と、

水面に浮いている桜の花びらを吸い込む、

鯉にちょっかいを掛け、

見事にバラしたのと、

下から食い上げて来た鯰をバラしたのみで終わった。

同居人の笑顔が見れて満足な気持ちはあったが、

それでも納得が行かず、

同居人を部屋に見送った後、

単身金曜日に訪れたエリアへと入った。


そこでも何度もバラした、

それでも投げ続け、

ポイントを移動し、

攻め続け、

やっとの思いで、

落ち込みの下から引きずり出した。

d0113350_162859.jpg


場所に似合わず美しい鯰だった。

執念の一匹と言うべきか、

諦めない姿勢への贈り物と言うべきか、

心に安堵が訪れた。



しかし一匹釣ると、

もう一匹、もう一匹となるのが、

釣り人の性…。

それからも走り回り、

何度かのバラシを経て、

白む空の下で、

水面に浮かぶ桜の花びらの中、

小さな鯰を抜き上げ帰途に着いた。

d0113350_18629.jpg


この週末で何本の鯰をバラしたか、

どれだけ自分の腕が情けないか、

思い知らされ、

次の釣行が待ち遠しくなるのであった。
by benisuiren | 2016-04-13 01:08 | 釣り

あの方と・・・

何年振りだろう、

同居人以外と釣りに出るのは。



「LINE」の知り合いかも?の一覧に、

その人の名前があった。

名前がある事に気付いてから、

ずっと気にはなっていた。



数年前に釣具店で知り合い、

浅い付き合いながらも、

ツーリングに連れ出して頂いたり、

整備を教えて頂いたり、

時には管理釣り場での釣りや、

レースの観戦に連れ出して頂いた。



私がバイクで転けて、

転けた理由も分からず、

嫌になり、

その年の8耐を観戦したら、

もうバイクは降りようと、

半ば自棄になっていた頃、

長袖の下に包帯をグルグル巻いた私に、

その方がくれた、

「そんな事もある、もう少し乗ってみれば分かるよ」

と言う言葉に救われ、

自棄気味な気分は晴れて、

バイクに乗り続けて来れた。



そんな私も、

幾つかの分岐路に立ち、

釣具店にも寄り付かなくなり、

次第に疎遠になっていた。



私自身希薄な性格なのか、

あまり人に対して密に連絡しない方で、

気が付けば10年程経っていた。

そんな中で一覧に名前を見つけ、

ずっと引っ掛かりを感じていた。

どう声を掛ければいいのか…、

少しばかり勇気を出して、

昔のハンドメイドルアーの事を尋ねた。

あの頃と変わらない雰囲気で、

返事は軽快に帰って来た、

その方もその方で、

沢山の分岐路を通り過ぎて、

今はカフェを開いているとの事だった。



金曜日の夜、

ふっと仕事が無くなり、

後輩達に帰れと言われ、

その方のカフェにお邪魔する事が出来た。

店の方と話していると、

連絡を入れてくれたのか、

私の到着後直ぐに大荷物を抱え、

戻って来てくれた。

10年分の時は流れても、

笑顔は変わらなかった。



色々と話をし、

訪れた他のお客さんとも話し、

時間が過ぎて行く内に、

店が終われば鯰釣りに出る事になった。

一旦戻りタックルを準備して、

鯰ポイントへ、

二人で釣りは行った事がなく、

どんなペースなのか不安はあったモノの、

釣り場に着けば不安は消えた。



一言で表せば、

「懐かしいな」だった。

昔、誰かと連れ立って、

週末の夜に釣り場に繰り出していた、

あの頃を思い出した。




結果で言えば、

二人共ノーフィッシュで、

何匹かバラしたのみで終わった。

あの方がどう思ったのかは分からないけれど、

私はとても満足していた。

最後に一言

「これは1本釣るまで付き合ってもらわなアカンな」

と言う言葉を、

まるでブランクを感じる事なく頂けたからだ。
by benisuiren | 2016-04-12 01:36 | 釣り

週末鯰散歩・・・

週末、

また鯰狙いで水路遊び、

まだまだ水温は低いけれど、

少しだけ鯰も動いている様で、

流れの速い中にルアーを投げ入れ、

竿を煽った瞬間に、

いい捕食があった。

流れに入り、

中々の抵抗を見せてくれた、

可愛い鯰。

d0113350_1231719.jpg



坊主が無くなりホッと一息。

幾つかバイトを貰うも乗せきれず、

色々とポイントをウロウロと、

その間にもチラホラとバイトを貰う、

大きな河川の絡む水路が何となく、

季節的には良い様で、

そんな中のミスバイト続きの中で、

作ってから一度も釣れてなかった、

ルアーで釣れて、

何となく満足して撤収。

d0113350_1241987.jpg



その次の日は、

同居人と奈良へ、

結局、同居人に一匹釣れて、

私は三度ほどチェイスを貰ったのみ、

それでも満足。

楽しい週末でした。


d0113350_1245539.jpg

by benisuiren | 2016-04-06 01:25 | 釣り