<   2019年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

明け方…

d0113350_02020148.jpeg


親知らずを抜いた、

それからずっと、

私は眠い…、

身体が治療に全力になるのか、

どんな怪我をしても、

それは同じで、

この一週間眠くて眠くて、

仕事から帰宅後、

油断をすれば、

惰眠を取っていた、

この日も同じだった、

気が付けば深夜3:00

寝過ぎた…

潮見表に眼をやると、

そこには今から良い調子の上げ、

悩んだ、

近場のチヌか、

遠くのライトゲームか…、

答えは出ていた、

車を走らせ、

人の少ない高速を楽しむ、

4:30になる頃、

現場に着いた、

竿は一本、

プラグをメインで楽しもうか…、

一つ目のポイントでは、

潮がまだ効いていないのか、

アタリすらなかったが、

二つ目のポイントで、

ゆっくりゆっくり巻いて来た、

ソリッドボディのシンペンに、

d0113350_02022692.jpeg
20cm前後のメバルが食いついた、

久し振りの感触、

楽しくない訳が無い。


そこから、

シンペンをメインに使い、

d0113350_02023983.jpeg

ポロポロと飽きない程度に釣れて

d0113350_02025792.jpeg



d0113350_02031043.jpeg

朝の光が差し込み頃に、

22cmくらいの、

一際太いメバルが釣れた、

よく引いて、

少し私を焦らせてくれた、

持って帰ろうかとも考えたけど、

22cmでは勿体ないと、

海に返した…、

まぁ、食べたかったよね…

by benisuiren | 2019-01-22 02:20 | Comments(0)

ナマズの竿…

これはあくまで、

個人的な意見である事を、

先に述べておきます。


アクセスレポートを見ていると、

結構な数の方が、

WorldMonster WMCC-6102M MGS

を検索して、

このブログへ訪れて頂いている事が分かった。


だからこそ、

再度使い込んだ後の事を、

個人的なレビューとして残す事にした。



初期性能こそ良かったものの、

ワンシーズンの終わり頃には、


アワセが効かない、

ファイト中にバレる、


上記の事が多発した、

最初は自身の腕のせいかと、

色々と試行錯誤したが、

ある日のデイゲームで、

それは分かった…。


バイトがあって、

巻き続けて、

フックに魚が掛かった瞬間に、

アワセを入れて、

フックを貫通させる、

いわゆる、

ティップで掛けて、

バットで貫く、

基本的な動作。


しかし、

バイトがあって、

魚がフックに掛かったな、

と思いアワセを入れると、

ティップは綺麗な弧を描き、

目の前にある…、

我が目を疑った…、

魚はバレてない、

もう一度、

派手にアワセを入れる、

手応えはない…、

浅い掛かりなままファイトになり、

当然、

魚はバレてしまった、

「やれやれ、下手打ったな」と、

気を取り直し、

「バットに力が掛かってから、

アワセを入れないとダメか…」と、

一人で納得し、

次の魚へと進む、が、

何度やっても同じ…、

運良く掛かっても、

ファイト中にティップが追従せず、

度々テンションが抜け、

その際にバレてしまう事が多数…、

それでも自身が悪いのかと、

同行者に見てもらうと、

「アワセた時に、グニョングニョン曲がるだけで、

アワセが効いてない…」

「ファイト中もティップがグニョグニョして、

ラインのテンション保ててない

そらバレるわ…」

と、私が感じた事と、

同じ答えが帰って来た。


それから少し悩んだが、

竿を変えてみようと、

TailWalk社製の NAMAZON C68MH を入手した、

同じ様な釣りを数回重ねた所、

フッキングも問題なく、

ファイトも主導権を渡す事なく、

ストレスなく使用する事ができている。

巻き物系の釣りで、

ひったくる様な魚なら使えない事も無いけれど、

流石に初期性能からかけ離れ過ぎている、

私の中で、

これはないなとなりました。



同じ様に、

ABUの竿には、

ABUのリールでしょう♫

と、

REVO BIGSHOOTER COMPACT を

合わせていたが、

サムバーのグラつき、

キャスト及び、

ファイト中に半クラ等の問題が起き、

嫌気がさして来た…。


過去のabu2500cの三台を除き、

ことごとく、

相性が悪いのか、

もうこれ以上、

abu社製品を手に取る事は無いだろうと思う…、

出来れば、

REVO BIGSHOOTERCOMPACT も手放し、

乗せ替えたい所だ…。

先立つものは、

他の釣り物に消えて逝く…。


この際、

Piscfunとか買ってみる…?




















by benisuiren | 2019-01-06 10:03 | Comments(0)

3500回転…

d0113350_08222370.jpeg
年が明けて、

最初の魚が思い出せない…。


年末の仕事が終わり、

打ち上げの飲み会を経て、

迎えた大晦日…、

体温計の液晶が指し示すのは、

「37.0度」

諦めた遠出、

新年の挨拶に実家に行けば、

「都合良く風邪引くもんやなぁー」の言葉…、

私からすれば、

都合の悪い風邪、

連休に気が緩むのか、

普段から引きやすいのに、

余計に引きやすくなる…、

そもそも都合の良い風邪なんて無い…筈、

それでも少し落ち着いて、

体温計の液晶と睨めっこをする事、

数十回…(盛りました)、

近くばかりを見て疲れている眼、

動かしていない体が、

持て余し気味に痛む…、

「遠くを見たい」そんな気持ちだけで、

車を走らせた。


回転計の数字は、

「3500±500rpm」

一番心地良くて、

燃費の良い頃合いの回転数だ。


何となく、

量販店へ立ち寄った、

特に欲しいモノは無い、

干潮を過ぎて、

少し水深が戻るまでの、

時間稼ぎだ。


回転計の数値を気にしながら、

釣り場へと着いた、

水深はない…、

そして、

風6m/s

風速12m/sを舐めていた…、

道中に見える、

煙突からの煙で、

少々覚悟を決めて来たが、

甘かった…、

風が痛い…、

風が辛い…、

何箇所か回ったけれど、

「水深がない」

「風が痛い」

「風が辛い」

結局、

いつもの漁港で、

風に注意しながら、

d0113350_08214505.jpeg
d0113350_08220245.jpeg
小さな魚達と戯れて、

日が明ける頃、

寒さに指の感覚が無くなり、

帰途に着いた、

ボーズではないが、

なんだか不完全燃焼気味に、

疲れた釣りだった…




by benisuiren | 2019-01-06 08:47 | Comments(0)